「なおこBAND再び福島へ」報告会をしました。

去る24日、珈琲淹リファインドにて
「なおこBAND再び福島へ」報告会を行いました。

南相馬の中橋さんにも参加していただいて、
途中からは、中橋さんが取り扱っているお漬物の試食会、
そしてそれぞれの素朴な疑問、
南相馬の歴史に関するお話、
被災した側からの気持ち、
応援する方の心など
大いに盛り上がりました。

P1020070.jpg

P1020071.jpg


↓  横線の間の文章が、当日配布した資料の内容です。



再び福島へ報告会   2012.10.24
  
出発のちょっとしたアクシデントから行けなくなった
ジェラルドのハートを担って
再びの福島です。

復興や再起の掛け声の中に
こぼれ落ちている人、
苦悩する人、
仮設住宅にはそんな人たちの日常がありました。

今回演奏した楽曲、里の秋を歌いながら
古里に帰ることのできない高齢者の方々の
悲しみを改めて感じました。

りんごのうたを歌いながら、
何も言わないりんごの気持ちを自分はどれくらい
分かっているのだろうかと思いました。

保育園で頑張って遊んでいる
子どもたちの手のひらに
未来への光を見ました。

これからも福島育ちのお筝を持って、
縁ある福島に通いたいと思います。  
                                                  大西


2月に福島から帰ってきて自分なりに勉強して、
いろいろわかったつもりで
今回再び福島を訪問したのですが、
現実ははるかに早く進んでおり、
自分の想像を超える状況に
驚かされることばかりでした。

今日は自分が福島で見て、感じてきたことを
どれくらいお伝えできるかわかりませんが、
頑張ってお話したいと思います。          
                                                  渋谷


10月4日  新地町作田仮設住宅     
          5日  郡山市富田富岡町仮設住宅
                      福島市富岡町さくらサロン
                      福島市風の子保育園
          6日  福島市双葉町平野仮設住宅
                      大玉村安達太良富岡町仮設住宅
          7日  南相馬市牛河内仮設住宅
          8日  福島市佐倉双葉町仮設住宅


支出
     フェリー      48300円
     ホテル        48800円
     じゃがいも  30000円
       送料      25060円
     移動経費     9000円
計                           161160円

寄付                       155150円
            小豆・金時豆・大豆各10kg


いつも応援ありがとうございます。

線量計の指し示す「福島」のこれからに、
心落ち着けながら
お付き合いさせて頂ければと思っています。

身勝手なお願いですが、
今後共ご支援宜しくお願い致します。         
                                                  なおこBAND

  海風や 津波の道に 秋流す
  魂なりや ちょうちん祭りの 揺れし灯は
  月今宵 仮設住まいの 窓からも
                                                  なおこ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Naoko

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード